内装解体で失敗しないために

内装解体で失敗しないために

内装解体業者を選ぶ際のポイントとなるのは、見積に来た担当者の人柄です。

 

内装解体というのは、周囲との調整をつけながら進めなければなりません。

 

管理会社や近隣の商業施設や住民との折り合いをつけながら、自分たちの工事が順調に進むように仕向けていかなければならないのです。

 

この調整が上手に出来るか出来ないかによって、工期や実際に作業する作業員の人数にも大きく関わってきます。

 

ということは、施主が支払う内装解体の代金に響いてくることになります。

 

通常、見積に来る担当者というのは、実際の施工をする際に調整役となることが多いため、この担当者の人柄や対応が良くなければ、調整役などうまくできるわけがありません。

 

見積に来た際にじっくり観察してみましょう。

 

建物の管理会社や近隣の対策についてどのように考えているか聞いてみるのも良いと思います。

 

あなたが納得できるような丁寧な説明が出来るかどうかもチェックしてみましょう。

 

この他には、追加工事代金が発生するのはどういう場合なのかを確認しましょう。

 

内装解体には不確定な要素が多いため、事前に出した見積書の内容以外に追加の工事が発生することが良くあります。

 

これに便乗して、断れない状況になってから追加工事をどんどん出してくる悪質な業者も居るため、そういった悪徳業者を見分ける必要があります。

 

どのような不測の事態が起きたら、どのくらいの金額が追加となる可能性があるのかを事前に確認しておきましょう。

 

こうした説明が、納得できるように上手に説明できるということも重要な調整能力です。

 

見積金額だけに惑わされず、こういった事柄も業者を選ぶ際に判断材料に入れるようにしてください。

内装解体でお困りのことは専門家におまかせ下さい。




内装解体で失敗しないために関連ページ

アスベストの問題
内装解体をする場合に注意しなければならないのっがアスベストです。古い建物にはアスベストが使われてる可能性が高いです。
マニュフェストのチェック
内装解体を終えた後は、必ずマニュフェストをチェックするようにしましょう。これは不法投棄防止にとても大切なことです。
行政への届け出に関して
内装解体をする際には、何か手続きが必要なのでしょうか?また内装解体で建設リサイクル法は適用になるのでしょうか?
内装解体の基本的な流れ
内装解体はどのように進められるのでしょうか?ここでは関する基本的な流れについて解説して見たいと思います。
病院のレントゲン室の工事
病院を内装解体する際にレントゲン室の解体がつきものです。レントゲン室をの工事をする場合にはどういった点に注意する必要があるのでしょうか?
内装解体と建設業の許可
内装解体も建物にかかわる仕事ですので、業種的には建設業に該当するでしょう。では、内装解体業者は建設業の許可がないと工事出来ないのでしょうか?
工期とコストの関係
内装解体をする場合、どれくらいの工期がかかるのでしょうか?工期はコストに直結しますので要注意です。
大切な賃貸オーナーへの確認事項
内装解体をする前に、賃貸オーナーに確認してもらいたいことがあります。ここの部分をしっかりやっておかないと、後でトラブルのもとになります。

当サイト利用方法 無料見積お申し込み よくある質問 パートナー会社募集 お問い合わせ 運営会社