内装解体と相見積について

内装解体の相見積の取り方について

内装解体の相見積を取得する際に気をつけなければならないことがあります。

 

それは、各業者に提示する工事の条件が同じになっているかどうかです。

 

複数の内装解体業者に現地を見てもらい、各社に説明するうちに条件が変わってしまう事も良くあります。

 

例えば、最初床のタイルは撤去しないと説明していたのに、事情が変わってしまって撤去するようになってしまい、後日来た業者には床のタイルを撤去するという条件を提示するなどの場合です。

 

こういった条件の違いがあると見積を並べて比較することが難しくなってしまいます。

 

バラバラの条件で出た見積書を比べて安い業者に選んでみたところ、工事が終わってみたら一番高かったなどという話は良くあることです。

 

工事の仕様が事前に分かっているのであれば、紙に掻き出しておいたほうが良いでしょう。

 

撤去するものの一覧や残すものの一覧、何のために内装解体をするのかなどをか書いて、各業者に渡すことをおススメします。

 

また、業者を見比べる際に、担当者の人柄や対応を軽視しがちですが、この部分も非常に重要な部分です。

 

内装解体を行う際には、建物のオーナーや管理会社、近隣の入居者と調整をしながら進めなければなりません。

 

調整を上手にすることで、短い工事期間で効率よく工事できて施工金額が安くなりますし、近隣とのトラブルを未然に防ぐことにもつながります。

 

通常、見積に来る担当者が工事の調整役となることが多いです。

 

業者と話をするときには、こうした部分も見極めることも忘れないようにしてください。

内装解体でお困りのことは専門家におまかせ下さい。




内装解体と相見積について関連ページ

内装解体の相場はどのくらい?
内装解体をするにあたって、相場がどのくらいなのか事前に知りたいという人は多いと思います。住宅の建設のように坪あたりいくら、といった目安はないのでしょうか?

当サイト利用方法 無料見積お申し込み よくある質問 パートナー会社募集 お問い合わせ 運営会社